今朝、メールをチェックしたら年明けの引き落としのお知らせメールが来ていて、びっくり!ヤバい!なんとかしなきゃ!という恐れがわーっと湧いてきた。
あ、これは違うな、と立ち止まった。宇宙にリクエストするにしても、愛のところから、本当に欲しいものをリクエストしようと。
2週間前に受けたミーニングノートの行動指針ワークで、最後の行動宣言文を書いていなかったので、それを書こうと思い立った。
それを2枚書いて1枚はトイレの壁に1枚はダイニングのコルクボードに書いて貼った。それを書くのに30分ほど。
 
「私は宇宙と繋がったところから生きています。大地と繋がったところから創造しています。自分の感覚を信じて生きています。そのために身体を整えます」
 
つまり「愛から生きています」と宣言文を書いたようなものだ。
 
その愛の状態から生きていた瞬間はこれまでもあって、その感覚を思い出すだけでいい。

槍ヶ岳から北穂高岳に抜ける大キレットを通った時。
ミネソタの湖をカヌーで旅をした時。
冬の北八ヶ岳でスノーキャンプを撤収した後の朝の光。
今、住んでいる部屋を宇宙にリクエストした時。
 
そこの感覚から宇宙にリクエストする。
安心して年を越し、来年も安心して暮らせるようにお金をください!
 
とリクエストしてから、
「さてと。お腹が空いたなあ。何を食べる?パン?ごはん?」
愛から選択すると、ご飯だった。
 
納豆ご飯にしようかと冷蔵庫を開けると、なかった!!
じゃあ、シャケでも焼こう。味噌汁を作ろう。
 
そして、出来上がった食事は、
味噌汁には同じ団地の青空八百屋のおじちゃんから買った里芋と長ネギの味噌汁。
味噌はお世話になっているお寺さんで仕込んでもらい熟成されたもの。
青空八百屋のおじちゃんからもらった白菜の漬物。
富山でお世話になった先生から頂いたウリの醤油と唐辛子の漬物(これがちょー美味い!ご飯が進む!)
焼き鮭に添えた大根おろしはイシハラさんからもらったもの。
並んだ品々を見た時に、これはみんなからの愛が並んでいるのだと思った。ありがたいと思った。
愛がいっぱいあるって思えた。
そう思うと、私の中には愛がいっぱい溢れた。
 
食事の支度している時も、感謝のメッセージが届いたりして、これって本当に嬉しいことだ。
 
今年もあと1日半だけれども、やることはいっぱいあるけれど、愛から動こう!
写真:大キレットを通る前。穂高連山を臨む。このあとは人生でこんなに怖い思いをして山を登ったことがないルートを通る
 
カテゴリー: 自分

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です