顔ヨガは、目に見えて変化するので、とても楽しい。

数年前から、まぶたが落ちてきて、しっかり目覚めているのに「眠いの?」と聞かれたり、コロナ禍でずっと在宅ワークで、座りっぱなし、化粧もしない、下手すりゃ洗髪だって手抜きしてたら、鏡を見るたびに、はあーっとため息。

前々から、顔ヨガは興味があった。たまたまミーニングノートコミュニティに顔ヨガの先生がいて、仲間に体験レッスンをしてくれた。本当に60分で顔が変わった!ちょっとフェイスラインすっきりした?

お?!これイケる?

そして、いい!と思ったらやり続けるのが私のいいところ。

暇さえあれば顔の筋肉を動かす。

オンラインでのコーチングやミーティングの前に、目尻が上がる顔ヨガやる。散歩中も電車の中でもマスクの下でやってる笑

お風呂の中でも、朝顔洗った後も。

1週間後、周りから変わったね!人相まで変わった!カワイイ♪と言われると、嬉しくなってさらに楽しく顔を動かす。

化粧方法もちょっと意識して変えてみたり。

秋冬ずーっと着ていたフリースに飽きて、黄色い服着たい!と春のセーター引っ張り出して着始めたり。

男性のクライアントさんに「ピアスは揺れる方が男子は気になるんですよ」と教えてもらったり。

どんどん自分が変化して、鏡の中の自分を見て「誰?この人?カワイイ。別人!」って驚く。←自画自賛、許して笑

 

iPhoneのカメラ、ポートレート機能は肌色がすごくキレイにしてくれる。magic!!

 

 

 

 

 

 

と、同時に、精神面でも「今ココ、ご機嫌でいること」を、とても意識している。

ちょっと凹むことがあると、それをずーっと考えて、おっくうになって動きが悪くなる。そして、動かない自分を責めてた。

だけど、楽しい、気持ちいいと思えば、行動は軽くなる。動きは早くなる。

なので、嫌な気持ちになったら、すぐその思考にストップをかけ、

「今ココ、楽しいことは?気持ちいいことは?」って考えてそれをやる。

その切り替えを、とても意識してやっている。

やっぱり、自分がご機嫌だと周りにもいい影響を与えているみたいで、みんな、私の変化を喜んでくれ、私もやってみるーという人が続々と出てくる。

それが娘だったり、コミュニティの仲間だったり。

私はアラカンですが、アラカンでも変われるって思ったら楽しいじゃないですか。

本人はすっかり10歳ぐらい若返った気分でおります笑

変われるんだ!という実感。

こういうのが自信というのかな。

自分の可能性を信じられる。

コツコツやり続けて目に見える変化まで起こす。

変化が見えてきたら楽しい。

軽やかに生きられる。

自分の目の前の扉が開いてゆく。

人生が楽しくなる。

あなたの変化のプロセスを伴走します。

ひとりだとめげてしまうことも、コーチと話すと安心して前に進むことができます。

変化真っ最中の私のコーチングで、一緒に変化してゆきませんか?楽しいよ!

http://jibundaiji.com/コーチング/


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です